PMS(月経前症候群)とは?

生理前になるとイライラなどの精神的症状や肌アレなどの身体的症状が出て仕事に支障が出てしまい…あーあ自己嫌悪。
こんな事ありませんか?

毎月つらい生理痛。
生理痛は、女性皆にある症状と思って我慢していませんか?
その生理痛は、PMSかもしれません。 PMSは病気です。

人によって症状も違えば対策も違います!
ここでは、あなたに合ったPMSの症状とPMS対策について詳しく説明します。

PMSとは?

PMS(プレ・メンストラル・シンドローム=月経前症候群)とは、生理の3~10日前くらいになると感じる、身体的・精神的に感じる症状の事です。 例えば…

からだの症状 こころの症状
乳房の張りや痛み
下痢
頭痛
吐き気
顔や手足のむくみ
眠気
ニキビ
肌荒れ
不眠
食欲増進
便秘 など
イライラ
集中できない
無気力
憂鬱
興奮する
情緒不安
ボーっとする
朝起きられない
不眠 ・寝つけない
八つ当たりをする など

PMSには、多くの女性たちが悩んでいて、排卵後の女性ホルモンの変化が関係していると考えられています。ある調査によると、約8割以上の女性が生理前になると何らかのPMS症状を感じていると言われています。

症状の種類も約150種類以上あって、症状の出る部位や期間も様々です。毎月の事と思って我慢する女性も多く、名前の認知度の低いPMSは、生理にはつきものの症状として知らずに悩んでいる女性が多いのも現状なのです。

60秒診断


PMSはれっきとした病気

PMSは、病気です。「一時的に我慢すれば済むこと」「こんなことぐらいで病院に行くのはちょっと…」なんてためらっている人は多いようです。症状も一時的なもので、生理が始まると自然に消えて軽くなるので受診をためらう人も多いのが現状です。

でも、”つらい”とか”日常的に支障が出る”などの症状があれば、婦人科で診てもらう事をおすすめします。特に、精神的症状が酷い場合は、心療内科や精神科などでの治療が必要となります。カウンセリングを受けたり、精神安定剤などの薬を併用しながら治療していきます。

PMSの治療には、低用量ピルや漢方がよく使用されます。これらの薬は、PMSの根本的な治療薬ではなく、ホルモンのバランスを整えたり症状を軽くする治療として使われます。日常生活に支障が出るようなら、我慢せずに婦人科に相談しましょう。

60秒診断

女性の体と生理周期(ホルモン)

女性の身体は、女性ホルモンによってコントロールされています。女性ホルモンの主な働きは、月経を起こし・妊娠を助けることです。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンの働きによって、だいたい28周期で月経周期が繰り返されます。


エストロゲンの分泌量が多い排卵前は心も体も絶好調ですが、プロゲステロンの分泌量が多い月経前は心も体も絶不調です。女性の身体はホルモンのバランスによって左右されているのです。

※エストロゲン…女性らしいホルモンをつくる働き
(肌の潤いを保つ、血管を強くする、代謝を促す、肥満を予防する、髪をツヤツヤにする働きなど)
※プロゲステロン…妊娠にかかわるホルモンの働き
(乳腺を発育させる、体内の水分量を整える、食欲を促す、血糖値を正常にする、イライラや憂うつを起こす働きなど)


ライフステージによって変化する

女性の身体は、小児期➡思春期➡性成熟期➡更年期➡ポスト更年期の5つのステージに分けられて変化します。

0~8歳(小児期) 身体がどんどん成長する時期
8~18歳(思春期) 初潮が始まり、女性ホルモンの分泌がだんだん増えてくる時期
18~45歳(性成熟期) 女性ホルモンの働きが活発になり、妊娠・出産に必要な身体の環境が整う時期
45~55歳(更年期) だんだん女性ホルモンの働きが衰えて、生理が閉経をむかえる時期
55~75歳(ポスト更年期) 閉経をしてしまうと、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減り、更年期症状の他、骨粗しょう症・生活習慣病などの不調を感じる時期

PMS症状が出やすい時期は、18~45歳の性成熟期です。
この時期は、女性が妊娠・出産に適した時期でもあり、女性を悩ますPMSの症状が現れやすい時期でもあります。18~45歳と言っても年代によって症状もまた違ってくるようです。


20代 頭痛、肩こり、乳房の張り、イライラするといった症状が多い
➡身体的な症状が出る
30代 20代の悩みに加えて、むくみ、精神的不安定、食欲増加、攻撃的になるなどといった症状がみられる
➡精神的・社会的な症状が出る
40代 頭痛、肩こり、乳房の張り、イライラなどの症状がみられる

特にPMSの症状に悩んでいる30代の女性の事を「30代中期症候群」「30代不機嫌症候群」などという呼ばれ方をするのも、30代女性特有の結婚・家事・出産・仕事・子育てなどによる原因が問題なのかもしれません。

出産経験でPMSの症状が変わる?!

”出産をすると生理痛が軽くなった”…なんて話を聞きますが、”出産したらPMS症状は重くなった”…なんて話もよく耳にします。

コレは身体の問題ではなく、環境の問題だと考えられています。家庭内で一人で家事・育児・仕事を抱えている女性は、イライラしたり、怒りっぽくなったり、自己否定的になったり、攻撃的になったりといった精神的・社会的症状がみられます。

出産経験のない女性は、下腹部の痛み、乳房の張り、頭痛、肩こりといった身体的な症状がみられます。PMSの一番の対処法は、「自分がPMSだと認識する事」だという話があります。生理が終わるまで付き合っていかなければいけないPMS症状を受け止めて上手に付き合っていきたいものです。

漢方ボタン サプリアロマ
食事運動

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ