PMSと似ている病気

PMSの症状と思い込んでいても実はよく症状の似ている病気が潜んでいるという事もあります。 どんな病気がPMSと症状が似ているのかご紹介します。

見分け方も説明していますので項目をチェック! 「もしかしたらPMSではなく、他の病気かもしれない…」と不安に思ったら 自己判断せずに専門家に聞いて正しい対策法をとる事をおすすめします。

月経困難症

こんなにあるから判断ミスしないで。特に妊娠には気をつけて!

腹痛 月経困難症とは、日常生活に支障をきたす生理痛(月経痛)の事です。

鎮痛剤が必要なほどの腹痛、頭痛、吐き気、貧血、食欲不振、悪心(キモチが悪くなる)などの症状がみられます。

月経困難症には2タイプあります。



機能性月経困難症 特に原因となる病気がないものを機能性月経困難症といいます。若い女性に多く、年齢を重なるごとに症状が治まていくのが特徴です。生理が始まって~2日目に特にひどい月経痛がみられます。
器質性月経困難症 生理痛がずっとある場合や、生理が終わっても症状が続く場合は、子宮に何らかの病気がある場合があります。これまで生理痛がなかったのに、急に起こるようになった場合も注意が必要です。 たいていの場合は20代以上で起こり、年齢を重ねるごとに強まる傾向にあります。この症状でなる病気は、子宮内膜症、子宮腺筋症(子宮内膜症の一種)、子宮筋腫などです。

月経困難症の治療法

1.鎮痛剤治療
月経前からポンタール、ロキソニン、ボルタレンなどの非ステロイド性鎮痛薬(NSAID)を投与する。 あまりにも程度のひどい場合には、低用量ピルを投与することで月経の量も減り、症状が改善されて楽になります。

2.手術療法
・腹腔鏡を使った仙骨子宮靭帯切断により靭帯内の求心性神経を切断する方法
・仙骨前面の神経叢(そう)を切断する方法

他にも子宮全摘出手術や卵巣摘出手術が必要になる場合もあります。 月経困難症は、比較的に若い女性の間でよく見られ、年齢を重ねるとともに減っていきます。市販の鎮痛薬で対処できるようであれば様子を見て、痛みが強い場合は婦人科での診断を受けることをオススメします。

PMDD

しんどいPMDD(月経前不快気分障害)とは、PMS症状の中でも特に心の症状が重く、日常生活や社会生活が送れないほど深刻な症状のことです。

症状が現れる時期は、たいていはPMS症状と同じ生理前ですが、個人によって時期も違うようです。


PMDDの主な症状
強いうつ、悲壮感、不安感、緊張感、絶望感、感情をコントロールできない、他人にひどい言葉を言う、暴力的、攻撃的、重度の抗鬱状態、自傷行為や自殺願望を持つ、無気力、物事を決断できない、仕事に集中できない、人に会いたくない、過食、過眠・不眠、体が膨らんでいる感覚など

国内の調査では、約50~70%の女性がPMS症状に悩み、約5%がPMDD症状に悩んでいると言われています。
精神が非常に不安定なPMDDは同性にも理解されにくく、ましてや異性にはもっと理解されないので家庭不和や離婚に至るケースもあるようです。

PMDDチェック

しんどい次の項目に3つ以上当てはまる人は、PMDD症状が疑われます。

数が多ければ多いほど症状が重いので症状が重い場合は早めに病院で治療を受けて下さい。

1. 激しいうつ状態、自己否定感、絶望感がある
2. 日常生活に支障をきたすほどの情緒不安定
3.ものごとに興味がなくなる
4. ひどく悲しくなる・号泣する
5. 気力がなくなる
6. 激しい不安感を自覚する
7. 怒りっぽくなる・攻撃的になる
8. イライラする
9. 著しい緊張感があると自覚する
10. 引きこもりがちになる


PMDDだったら精神科で受診する

もしもPMDDだったら、早めに精神科を受診して治療しましょう。根本的な原因を解明して治療をすれば数ヶ月で改善すると言われています。 PMDDの治療は、薬での治療が一般的のようです。セロトニン(脳内神経伝達物質)の減少を抑える薬を使います。

毎月生理の始まる2週間前からPMDDの症状が出なくなる時期まで服薬します。個人差はあるようですが、薬で最低1年間は症状を抑えた状態けることができれば完治できるようです。 受診をする際の注意点ですが、PMDDの知識に乏しい医師もいるので、電話予約の際にPMDDの治療をしているかを確認するといいでしょう。


更年期障害

しんどい50歳近くなると閉経をむかえ、閉経で卵巣の機能が低下するとエストロゲンの分泌量が急激に減少し、ホルモンのバランスが乱れます。
ホルモンのバランスが乱れることで、自律神経の調節が乱れてのぼせたような状態になったり、異常な寒さを感じたり、汗をかきやすくなったり、耳鳴りを感じるなどの様々な不調を更年期障害といいます。

更年期障害の主な症状
だるい、疲れやすい、のぼせ、ほてり、多汗、手足の冷え、腰痛、肩こり、頭痛、めまい、たちくらみ、耳鳴り、動悸、手足のしびれ、関節の痛み、からだのかゆみ、肌や目、口の乾燥、イライラ、不安感、不眠、尿トラブルなど

♪エストロゲン豆知識♪
エストロゲンは、女性ホルモンの1つで妊娠を助けたり、身体のバランスを整えたりするとても重要なホルモンです。
主な働きとして…
・乳房や性器の成熟を促す
・子宮に働きかけて受精卵が着床できる状態をつくる
・コレステロールの増加を抑制する
・カルシウムの形成、吸収を調節して骨を健康に保つ
・丸みを帯びた女性らしい体をつくる

更年期障害とPMSの違い

PMSは、生理が始まれば症状が治まりますが、更年期障害はホルモンバランスが乱れた状態が続くので症状も継続します。

また、更年期は女性なら必ず経験する症状なので、PMSなのか更年期なのかを判断するのは難しいです。 もしもPMSの症状があって更年期の年代に差し掛かったら、一度婦人科で受診して更年期かどうかを診察してもらうことで早めの準備や対策ができます。

更年期障害の対処法

更年期は、ホルモンのバランスが乱れることで様々な病気を起こします。
例えば、骨粗しょう症や高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、動脈硬化など。

<対処法1>食事を見直す
バランスの取れた食事で栄養を十分に摂りましょう!

1. ホルモンバランスを整える亜鉛を摂る (亜鉛は、食品では特に肉類、魚類、穀物)
2. 骨粗しょう症予防のためにカルシウムを摂る (牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、納豆・豆腐などの大豆製品、ほうれん草、小松菜などの野菜、しらす、ししゃもなどの小魚)
3.「エストロゲン」と構造が似ている大豆イソフラボンを摂る (大豆製品)

<対処法2>基礎体温をつける
更年期はホルモンバランスのみだれが原因で起こるので、日頃から基礎体温をつけることでホルモンバランスの変化にも早く気が付くことができます。

<対処法3>ツボを押す
下半身が冷えやすい人は、三陰交(さんいんこう)と呼ばれるツボを押すと、骨盤内の臓器の血行を促して下半身の冷えが解消するそうです。 他にも生理不順や様々な婦人病にも効果的なツボのようです。 ・三陰交(さんいんこう)の場所…くるぶしの内側の上、指3本分のところ ・三陰交(さんいんこう)の押し方…すねの側から手を回し、親指の腹ですねの骨をつかむように5秒くらいを目安に押す(足の中心に向かって力を入れる)

<対処法4>医療機関を受診する
1. ホルモン補充療法(HRT)
減少したエストロゲンを注射などで補充する治療法
2. 漢方療法
ホルモン補充治療が合わない場合や更年期障害の症状が多岐にわたる場合に適用される
3.抗うつ剤、抗不安剤など
ホルモン補充治療が効かない場合に適用される


妊娠

PMSと妊娠初期症状は非常によく似ています。例えばPMS症状には、吹き出や頭痛、下腹部の鈍い痛み、腰痛、吐き気、微熱、イライラなどの症状がみられます。

妊娠初期症状にも非常によく似ているので、妊娠の兆候に気が付かない人も多いのです。PMS症状のない人は、いつもの生理前の状態と違う事に気づいて妊娠に気が付くようです。


妊娠とPMSの見分け方


妊娠とPMSを確実に見分けたいなら、基礎体温をつけましょう。
基礎体温をつけることで、次の生理が予測できたり、体調の良い時期悪い時期を把握できたり、妊娠しやすい時期の予測ができたり、きちんと排卵ができているかを確認できたり、妊娠の可能性を早期に確認できたり、流産のチェックができたり、更年期症状の早期発見に役立てることもできます。 基礎体温は低温期と高温期の2種類が入れ替わりながら巡っています。高温期に入っていると、PMS症状なのか、妊娠初期症状なのかが見分けやすいようです。

高温期が継続している⇒妊娠初期症状である可能性が高い
高温期から急激に基礎体温が下がる⇒PMSの可能性が高い


基礎体温をつけることでPMSなのか、妊娠初期症状なのかを判断することができるので、日頃からチェックすることをオススメします。

情報ボタン

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ