病院処方薬や市販薬で改善

病院での治療法とドラッグストアで買えるPMS対策の市販薬をご紹介します。 保険適応になるのか?副作用はどんなもの?など知らない事が多いですよね。

また、薬を飲む事に抵抗があったり、病院で治療してもらうまで症状はひどくないと思ってつらいPMS症状をガマンしてしまう人って意外に多いんじゃないでしょうか??

ここでは、病院での治療法やまだ病院で治療したことない人のギモンに答えています。

病院 ホルモン療法

腹痛 女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン=女性らしさや若さをつかさどるホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン=妊娠のためのホルモン)があります。 PMS症状は、プロゲステロンが排卵後に急速に分泌されることで心と体のバランス乱れ、イライラや肌荒れ、ニキビなどの症状を引き起こします。

ホルモン療法で使用される低用量ピル(経口避妊薬)は、もともと避妊を目的として開発された薬です。 ピルには女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが少量ずつ含まれていて、服用することで妊娠と似たような状態になり排卵が抑制されて、PMS症状が緩和されます。

PMS以外にも、子宮内膜症の治療や月経痛の緩和、月経過多や月経不順などの治療にも使われます。

低用量ピルのメリット&デメリット


メリット ・PMSの症状をかなり抑えることができる
・他の治療薬に比べ、効果を実感できるまでのスパンが短いのも魅力
・避妊効果がある
・月経痛の軽減、出血量の抑制などの効果がある
・美容効果の高いものもある
・子宮内膜症の予防、治療ができる
デメリット ・血栓症になりやすい
・視界が狭くなることもある
・長期服用には、乳がんと子宮頸がんの発症リスクが関係するので定期検診が必要
・頭痛、めまい、倦怠感やむくみ、吐き気などの症状がでることがある
・健康保険がきかないため、薬代がかかる

治療で使われる低用量ピルの種類


マーベロン28 (特徴)
・男性ホルモン作用がほとんどないため、ニキビ・多毛症に効果が高い
・血栓症のリスクが一番少ない
(欠点)
服用開始後、数週間、眠くなったり、ムクミやすいことがある
オーソM (特徴)
・生理痛
・過多月経による貧血
・子宮内膜症に最適
・月経日のコントロールが簡単
・毎日ホルモンの量が変わらない一相性のピル
トリキュラー28 (特徴)
・日本では最も普及している低用量ピル
・服用中の不正出血が他の低用量ピルに比べて少ない!

低用量ピルのQ&A

Q.低用量ピルにはどんな副作用がありますか?

A.女性用ホルモン量を排卵が防げるぎりぎりの量まで抑えるので、頭痛や吐き気、乳頭痛などの症状が出る場合もあります。

Q.低用量ピルを飲むと太るって本当ですか?

A.一般的には太らないと言われていますが、体質に合わないピルを飲むことで毎月1kgずつ太る方もいます。

Q.低用量ピルを飲んではいけない人はいますか?

A.片頭痛もちの人、高血圧の人、生活習慣病のリスクが高い人、35歳以上のヘビースモーカーの人などは、ピルに含まれる卵胞ホルモンが血液を固まりやすくするので飲むのを控えたほうがいいでしょう。

Q.長期間服用すると不妊になるの?

A.飲んでいる間だけホルモン剤が効いているので、ピルで不妊になることはありません。

Q.低用量ピルはどこの産婦人科でももらえるの?

A.低用量ピルに詳しい産婦人科はそれほど多くはないので、一度電話で確認してみましょう。

Q.飲み忘れたらどうしたらいいの?

A.1日忘れただけなら、気づいた時点で直ぐに服用しましょう。2日以上飲み忘れたのなら、一度中断して生理を起こしてから、生理初日から飲み始めると大丈夫です。

Q.低用量ピルはいくらなの?

A. だいたい1シート2,500円前後で購入できます。

Q.低用量ピルは保険適応にはならないの?

A. 症状によっては保険適応のピルもありますので病院で相談してみましょう

Q.病院では1回で何シート処方してもらえるの?

A. 初診は、1シートの処方です。 飲み終わって副作用がない事が確認されれば数カ月分処方してもらえます。シート数は病院によって違うので確認してみてください


病院 向精神薬

向精神薬とは、精神科で処方される薬の事で、主に「抗精神病薬」「抗うつ薬」「抗不安薬」「睡眠薬」「抗パーキンソン薬」「気分調節薬」の6種類あります。 PMSによって月経前になるとイライラしたり、涙もろくなったり、落ち込みやすくなる、極度の鬱状態になり引きこもってしまう、暴力的な衝動が抑えられなくなってしまう、過食や拒食症状が出てしまうなど… 精神的がもろくなり生活に支障が出る場合に抗不安薬や抗うつ薬を処方する場合があります。 向精神薬は、副作用が非常に強いため、医師からの十分な説明が必要です。ドラッグ同様、依存症に落ちる場合もあり、途中で投薬を中止すると禁断症状がみられる場合もあります。

市販薬 プレフェミン

PMSの症状に悩んでいるのに、病院に行く時間がない人でも大丈夫。PMSの治療には、ドラッグストアで購入できるものもあります。 それが、PMSの治療薬として、日本で唯一認められている市販薬”プレフェミン”です。

プレフェミン
(ゼリア新薬)
(価格)30錠/1,800円
(用法)1回1錠、1日1回服用
(効果・効能)月経前の次の月経前症候群の緩和/乳房の張り/怒りっぽい/気分変調など
特徴 ・日本で初めて月経前症候群(PMS)の治療薬として認められた薬日本で唯一の薬 ・有効成分「チェストベリー」を配合し、PMSから来るイライラや頭痛、精神不安、乳房の張りなどを改善する
・“要指導医薬品”なので、医師や薬剤師さんと相談しなければ購入できない
副作用 ・発疹、発赤、かゆみなどの皮膚異常
・生理周期の乱れ
・経血量の変化などの月経異常が見られる

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ